レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?

レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!近視の世界にさようなら・・・おしゃれメガネでばら色のわくわく生活を手に入れませんか?!
近視に悩む人は必見!眼科専門医によるレーシック治療の安全性とクリアな視界を手に入れる、レーシック治療とおしゃれめがねの情報をお伝えします。
スポンサードリンク







スポンサードリンク

視力矯正手術(レーシック)deお笑いコンビ・ハリセンボン の近藤春菜さん、1.5に 回復もメガネは外さず、何故・・・?!

視力矯正手術(レーシック)deお笑いコンビ・ハリセンボン の近藤春菜さん、1.5に 回復もメガネは外さず芸の道を、何故・・・?!

>>それは・・・?“女心より“”のために・・!!
↓↓
お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(25)が、視力矯正手術「レーシック」を受けたことを、自身のブログで告白した。
ブログによると、手術前に0・04しかなかった視力は、現在1・5にまで回復。
「感動もんですよ」と、喜びをつづるとともに「メガネをはずさなければならないお仕事もこれで大丈夫!」と、今後は仕事の幅を広げていくことも示唆した。
↓↓
視力は回復したが、通常はメガネを外すつもりはない。
「ありがたいことにハリセンボンのふとっちょメガネで認識していただいてます」とした上で、「これからもメガネをかけ続けます」と強調した。
↓↓
メガネをかけたお笑い芸人では「南海キャンディーズ」の山ちゃんこと山里亮太(31)もレーシック手術を受けたことで知られている。
他にも芸能人、女優、タレント、スポーツ選手などがこの視力回復手術を行っているようです。

kondouharuna01.jpg

レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?
posted by barairo at 09:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | レーザー治療

視力矯正手術レーシック、近眼がレーザーで治ると聞いたのですが!?…

医療ナビ情報!最新治療の現状は?・・・視力矯正手術de近眼がレーザーで治ると聞いたのですが…現実はどうなのでしょうか?そしてその方法は?
例:
東京都の女性会社員(26)の場合・・・
◇角膜削り屈折度調整 表面残して痛みなく・・・
◇保険適用外、費用十数万〜50万円・・・
昨年1月、近視を矯正する手術「レーシック」を受けた。費用は両目で約19万円。コンタクトレンズを使い続けるより安い。目の構造や手術法を調べるうちに、手術への恐怖心も和らいだ。

手術は15〜20分で終わった。最初に左目が終わった瞬間から、コンタクトレンズを入れた時のように、はっきり見えた。レーザーで削る時も痛みは感じなかった。涙のベールがかかった感覚が1カ月続いたが、その後はトラブルはない。

今までは、・・・中学1年からコンタクトレンズを使い続けてきた。ゴミが入って涙で化粧が崩れたり、目を傷つけて病院に行ったりと不便が多かったが、今は一切ない。
近視は、目から入った光が角膜と水晶体で曲がりすぎたり、目の奥行きの長さが伸びたため、網膜の手前でピントが合い、ものがぼやけて見える状態。眼鏡やコンタクトレンズは、光の入り方を調整し、網膜でピントが合うようにしている。

レーシックは、レーザーで角膜を削って屈折度を矯正し、焦点を合わせる手術だ。
○○川近視クリニック(東京都)の△△▽院長によると、80年代後半、1000分の1ミリ単位で削れる「エキシマレーザー」が市場に出回るようになり、角膜の表面をレーザーで削る手術(PRK)が始まった。

しかし、表面は削ると痛くて再生にも時間がかかる。そこで、表面を0・2ミリほどめくって「フラップ」と呼ばれるふたを作り、内部にある角膜実質層をレーザーで削ってふたをして戻す「レーシック」が生まれた。
06年には国内で約18万人が受けたとされる。保険はきかず、費用は十数万円から50万円程度まで、病院によって差がある。

現在行われているレーシックは、フラップの作り方で主に2種類に分かれる。
1:刃物で切る方法(レーシック)と、2:「FSレーザー」と呼ばれる装置で切る方法(イントラレーシック)だ。
 レーシック手術後のステロイドの点眼の副作用で緑内障を誘発することもあるが、基本的にはレーシックを行うことで緑内障や白内障になりやすくなることはない。
 レーシックを受けた場合のデメリットは、老眼になった時に表れる。軽度の近視の人は、年をとっても近くは老眼鏡なしで見えて、読書などには不自由しない。しかし、レーシックを受けるとピントが遠くに合い、老眼鏡が必要になる。

▽▽理事は「生活する上で、読書や着替えなど、老眼鏡なしで近くが見えた方が便利なこともある。軽い近視の人はデメリットも考慮し、手術を受けるかどうかを慎重に判断してほしい」と話す。

レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?

posted by barairo at 23:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | レーザー治療

レーザー治療の歴史と現在について?・・・

◎レーザー治療の歴史とは?・・・
レーザーの生みの親は米国のタウンズといわれています。
→後に開発競争が始まり、多くの研究者や学者がレーザーの研究に参加。
1960年にはルビーの結晶でレーザー光発振に成功したアメリカのメイマンが実質上の発明者だとされています。
その後、米国や旧ソ連で工業・通信・軍事用にレーザーが開発されていきました。
医療分野への応用も早く、メイマンが成功した翌年の1961年には、アメリカの眼科で網膜剥離の手術にレーザーが使われ、1970年には膀胱結石の手術にレーザーが使われました。
日本には、1980年前後に眼科からレーザー医療が始まったといわれています。
現在では、日本でも多くの医療分野でレーザー技術が応用されるようになり、レーザー治療は多くの人々に利用されています。
◎レーザー治療の現在は如何様に?・・・
現在医療用レーザーはガンの手術や早期発見、糖尿病性網膜症や緑内障の手術、重症の狭心症の手術など、様々な分野で利用されています。
日本臨床医療レーザー協会には、整形外科・耳鼻科・外科・泌尿器科・皮膚科・眼科・歯科の分野でレーザー治療を行っている病院が加盟しています。
現在はちょうど、未知の部分が多かったレーザー技術が確実で安全な医療技術として確立されつつある時期です。
協会に加盟する病院の多くは豊富な実績を持ち、その有効性はマスコミ等にも多く取り上げられています。
ただし、解決していかなくてはならない問題が一つあり、それは健康保険が適用されていない分野が多いという事です。未だにレーザー治療の多くは自由診療で、レーザー機器のコストが高いため、どうしても料金が高くなってしまいます。ただし、この問題もレーザー機器の開発に伴いコストパフォーマンスが進めば、将来的には改善されるはずです。


レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?

posted by barairo at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーザー治療
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。