レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?

レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!近視の世界にさようなら・・・おしゃれメガネでばら色のわくわく生活を手に入れませんか?!
近視に悩む人は必見!眼科専門医によるレーシック治療の安全性とクリアな視界を手に入れる、レーシック治療とおしゃれめがねの情報をお伝えします。
スポンサードリンク







スポンサードリンク

視力回復治療「オサート」でスポーツ選手、視力が回復とはどのような治療法・・・?

先日テレビで、確かフジテレビだったと思いますが、・・・
三井メディカルクリニックの先生のことが報道されていました。
それによると、視力の低いスポーツ選手、たとえばオリンピック北京代表のレスリング女子の場合、かなりの視力が悪いそうですが、
この治療法をすると、かなりの視力回復することができるとのことを言っていましたね。

その治療法が「オサート治療」!!

オサートは、最新医療として取り上げられていますが、目の屈折異常による近視や乱視をはじめとして、
老眼の視力回復も可能な治療として注目され始めていますね。

オサートの治療は、オルソケラトロジーが1段階のレンズデザインでの治療しかできなかったのに対し、
レンズデザインを段階を追ってステップアップして装用プログラムをしていくことで、
オルソケラトロジーでは治療効果が得られないとされていた強度近視・強度乱視・遠視・老眼にも対応できるようになったのだそうです。
オサート治療の技術は、三井メディカルクリニックが開発した技術で、三井メディカルクリニックが日本と米国で特許を取得しているそうです。
オサート治療が受けられるのは三井メディカルクリニックのみということで、日本だけでなく世界から患者が通院しているのだそうです。


レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?
posted by barairo at 14:51 | Comment(1) | TrackBack(3) | 病気・手術

レーシックに保険は適用されるの?・・・

視力回復手術!レーシックには保険が適用されない?!適用される?・・・どっち?
視力回復手術・レーシック!は、以前からあった視力を回復するための手術の方法なのですが、・・・
近年口コミで評判が広がったり、ある有名なスポーツが積極的に受けたりしたことで、失明してしまうんじゃないか?などといった不安が徐々に解消されてきたためか、近年特に人気が出てきているようです。
ところが?・・・そんなレーシック手術を受けたいと思っていても、かかる金額が50万円?前後の治療費が必要、しかも保険が適用されないといったら?・・・
国としては、今のところ認めていないのですが、民間の保険会社のものの中には、保険金が受け取れるものがありました。
保険会社との契約に、眼のレーザー手術とあれば可能性はあるといった情報もありますが?・・・

そうはっても保険会社によっては?もありますので・・・
もしレーシック手術を受けるときに、保険について確認するなら、契約違反などをして後悔をしないように、加入している保険会社に直接問い合わせることをおすすめします。

レーシックの手術も金額が張りますので、・・・手術そのものは良いことはわかっても慎重に検討を・・・!!
以前は支払い実績があった保険会社が認めなくなったという話があります。健全な目的で保険料をそれなりの期間納めていて、レーシック手術をうけないと、きついなど具体的に理由を説明できるというのが最低限の条件といえるでしょう。


レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?
posted by barairo at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・手術

これが、視力回復手術「レーシックとは?」・・・

視力回復手術「レーシックとは?」
めがね・メガネは視力低下の人が着用しているのが普通ですが、まずは視力回復治療もと・・・考えておられる方のために、最新治療のひとつを紹介します。それが下記のような治療法です。
■レーシック(LASIK)はレーザーを使って視力を矯正する治療方法です。コンタクトレンズ眼鏡と違って、裸眼視力そのものを回復させるので、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻すことが可能です。日本では2000年に厚生省に認可されましたが、世界中での多くの実績と技術の革新によって非常に安全で効果的な治療方法として、高い評価を受けています。目にレーザーを当てるということで何となく心配に感じる方も多いかとは思いますが、正しく理解してきちんとした治療方針に従えば、納得のいく治療効果の得られる手術です。
◎レーシック(ケラトーム)・・・レーシックなど目を治療する手術にはいろいろな種類があります。ノーマルのレーシックは最もポピュラーな方法です。
    ↓     ↓
1:目薬で麻酔をかけます。次に、2:マイクロケラトームと呼ばれるカンナのようなもので、角膜の保護層を剥ぎ、フラップを作ります。その後、3:エキシマレーザーを角膜に当て、形を整えます。最後に4:フラップを戻して終わりです。
レーシックの中では最も一般的な方法です。マイクロケラトームを使うことから、「ケラトーム」とも呼ばれます。
詳細については、必ずご自身でクリニックのホームページでご確認くださいませ。
品川近視クリニック、神戸クリニック、神奈川クリニック、柏眼科クリニック、松原クリニック
■イントラレーシックは・・・
現在、人気の手術方法です。マイクロケラトームを使ったレーシック(ケラトーム)では、フラップを作る際にカンナのような機具、マイクロケラトームでフラップを作るのですが、イントラレーシックはフラップを作るのもレーザーです。ちなみにイントラレーシックでフラップを作るときに使うレーザーは「イントラレースFSレーザー」と呼ばれます。レーザーを使うことにより、より正確な形のフラップを作ることができます。形もマイクロケラトームを使ったものよりはよい形のものができ、フラップが上手に戻ってくれるという利点があります。また、フラップの切り口が、ケラトームだとエッジが鋭角になってしまい、合併症の原因になるのに対して、イントラレーシックのようにレーザーによるものだと、エッジが直角になり、バランスの良いフラップができます。ただし、最近導入された手術方法なので、まだ症例が少なく、長期的な影響についてはデータがほとんどありません。
流れは以下の通り、フラップを作るときにレーザーを使う以外はレーシック(ケラトーム)とほとんど同じです。
   ↓    ↓
1、目薬で麻酔をします2、イントラレースFSレーザーでフラップを作ります3、エキシマレーザーで角膜の形を整えます4、フラップを戻します
品川近視クリニックと神奈川クリニックではイントラレーシックを導入しています。詳細については、必ずご自身でクリニックのホームページでご確認くださいませ。
品川近視クリニック、神戸クリニック、神奈川クリニック、柏眼科クリニック、松原クリニック


レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?
posted by barairo at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(2) | 病気・手術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。