レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?

レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!近視の世界にさようなら・・・おしゃれメガネでばら色のわくわく生活を手に入れませんか?!
近視に悩む人は必見!眼科専門医によるレーシック治療の安全性とクリアな視界を手に入れる、レーシック治療とおしゃれめがねの情報をお伝えします。
スポンサードリンク







スポンサードリンク

レーシック(LASIK)とは?レーシック(LASIK)の一般的な手術の流れは・・・?!

レーシック(LASIK)とは?改めて考えてみましょう、
レーシック(LASIK)とは?レーシック(LASIK)の一般的な手術の流れは・・・?!
↓↓
レーシック(英語: LASIK)とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である。
LASIKは、正式名称である "Laser(-assisted) in Situ Keratomileusis[1]"(英語・ラテン語・ギリシア語からなる)の略であり、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」の語意がある。
近視を補正する場合、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することが一般的だが、
レーシックでは角膜を矯正手術することにより正視の状態に近づける。
これにより、裸眼視力を向上することができる。1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されるようになった。
↓↓
レーシックの一般的な手術の流れ!
1.ハードコンタクトレンズ1週間前、ソフトコンタクトレンズは3日前から裸眼状態にする必要がある。
2.検査は、散瞳検査で約1時間 適応検査に約10分、診察に約5分、相談および説明に約20分、そして手術待ち時間が付加される。
瞳孔を目薬で開けさせ検査するため、検査状態後2-3時間は、瞳孔が開いた状態のため、まぶしく感じる。
3.手術時間は15分程度。その後は手術直後の休憩に15分程度掛かる。
4.当日以降の検査は翌日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後…と手術後も定期的に通う必要がある。
↓↓
レーシック治療・レーザー近視治療で視力回復!おしゃれメガネでわくわく生活が!?
posted by barairo at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック治療
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。